パズルボブルWii オリジナルサウンドトラック

iTunes(R) Store

イメージを一新した『パズボブ』サウンド!



パズルゲーム『パズルボブルWii』(Wiiウェア:2009年)のサウンドトラック。

音楽を手掛けるのは、独自の世界観を持つ作風で男女問わず人気のコンポーザー、渡部恭久。

今回のゲームのメインコンセプトである『光』や『透明感』を余すことなく表現した音楽は必聴。

商品情報

ZTTL-9059「パズルボブルWii オリジナルサウンドトラック」

iTunes(R) Store 各曲 150円 / アルバム 750円 / 購入はこちらから!(全曲試聴可)( iTunesが起動します )

iTunes(R) Store 各曲 150円 / アルバム 800円 / 購入はこちらから!(全曲試聴可)( mora[外部サイト]にリンクします )

※ 全曲mora / iTunes® Storeでのダウンロード販売のみとなります。


試聴

収録曲


  1. Appointed You (SELECT)
  2. Stray Stars (MAP)
  3. Premonition of a breeze
  4. Aqua Planet
  5. Swan's Park
  6. Firewood and Stomp
  7. Dark Continent
  8. Happy Stretch (STAFF ROLL)
  9. jingle box

作曲者コメント

この時期、確かバブルボブルNeo!と、このパズルボブルWiiが連続してのオファーでした。連チャンパズル物だー。しかもこの作品もばびー(ZUNTATA:石川)ディレクション。そして名前も似ているもんだから、打ち合わせ中に「あで?それバブボブだっけ? パズボブ? バズルボズルー!」みたいなバカ話をよくやってた覚えがあります。

 はてさて、バブルボブルNeo!ではFM音源時代の音付けコンセプトだったし今回はどーするー? なんて思っていたら、『上品な華やかさとキラキラ感が欲しい』『アンビエント物もアリですね』との事。 おげ、やるます。ところが、仕様の関係で「楽曲が60秒近辺のループで構成」とありました。 「うおー、それでアンビエントかーwww(アンビエントてゆるいテンポでだらだら聴かせるケースが多いので長くなるんです)。」とちょと悩む。 それでも実際取り掛かってみたらあっという間に終わったような・・。 さすがおいら、楽勝。 なんて自画自賛かましつつ聞かせてみると「ええすね」とばびーからのお言葉。 まじかー、はや。

 と、流れ的にはこんな感じですが、実際の話、彼とは長年一緒にやっているので大体この路線が欲しいのだろうなー、みたいな所がすぐに解っていた分あっちゅー間だったのでしょう。

 後はパズル物ですので、ずっと流れてても聴き飽きない様に、という私なりのお約束を押さえたぐらいでしょうか。この辺りは昔、プチカラットのうでだめしモードで意識していたテクニックと一緒かも。死ぬ程ループするんです。これでもかー。

 職種柄、STGの曲ばかりが取りざたされる傾向にある私ですが、こういったのんびりした時間を過ごす路線もお手に取って、あ、配信だからお耳に取ってかな? 楽しんで頂けると幸いです。

渡部 恭久



バブルボブルNeo!の時の対談記事はこちら!


渡部恭久 (Yasuhisa Watanabe)プロフィール

ゲームサウンドを中心としながら様々なジャンルで、作曲、編曲をこなす。その傍らで、物語性の強い独自の作風は男女問わずファンが多い。

最近作は「プリンス・オブ・ストライド(ドラマCD楽曲)」(アスキーメディアワークス)、シューティングゲーム「ヴォイド・ギア」(SALMON SOFT)等。


代表作:「メタルブラック」(タイトー)「ボーダーダウン」「旋光の輪舞」(共にグレフ)、他多数

●TwitterID:@Feldherrn

PICKUP