ゲームミュージックの祭典「JAPAN GAME MUSIC FESTIVAL2013」ZUNTATAステージレポート!
jgmf2013

ゲーム音楽の祭典!

2013年6/29・6/30の二日間、お台場のZepp Tokyoにて、ゲームメーカーのサウンドチームや音楽制作会社のバンドが集まったゲームミュージックの祭典「Japan Game Music Festival 2013」が開催された。

ZUNTATAは6/29の一番手として登場。フェスのオープニングを告げる映像の後、COSIOによる「Protocol signal generation」(グルーヴコースター)からZUNTATAのステージはスタート。

スクリーンに映し出された映像と完全に同期したCOSIOのキーボードプレイの間に各メンバーが登場。"generation...generation..."というボコーダーボイスの後、ドラムのとらぞう氏によるカウントで、土屋作曲によるロックナンバー「Just no friend」(グルーヴコースター)がスタート![TT BOY]高橋誠仁氏によるギターを軸に、これまでのZUNTATAでは珍しい骨太のバンドサウンドを展開した。


  
  

そしてMCに続いて演奏した「Tears&flow」(サイキックフォース2012)、「Daddy mulk」(ニンジャウォーリアーズ)という定番曲で場内は一気にヒートアップ!石川が三味線ソロを弾ききったところでは大きな歓声が生まれた。

ステージ後半は、今回のスペシャルゲスト、ボーカリストの中恵光城さんを加えた6人編成となり「Play merrily」(グルーヴコースター)、「Happy smiling♪」(私のハッピーマナーブック)、「Good-bye my earth」(ダライアスバースト)のボーカル曲3曲を披露。

「Play merrily」の歌詞は、今回のステージのために新たに作られたもので、作詞はゲームミュージックコンポーザー・ボーカリストとして活躍中の海田明里さん。中恵さんの歌声も相まって勢いのあるロックナンバーとして生まれ変わった。

「Happy smiling♪」では、とらぞう氏がドラムからパーカッションに楽器を持ち替え、様々な音色とパフォーマンスで場内を盛り上げていた。

そして「Good-bye my earth」は、アレンジの雰囲気がアルバム「ダライアスバースト REMIX Wonder World」に収録されている"背中に未来を"(アレンジ:下村陽子さん)に近い方向になり、よりバンドサウンドらしい形に進化した。

お約束の「次の曲で最後です!」「え~!!」のやり取りの後は、ZUNTATAステージ最後の曲「電車で電車でGO!GO!GO!」

石川と中恵さんによるダブルボーカルで、よりパワフルになった「電GO!」により客席のボルテージは一気にMAX!「GO!GO!GO!GO!」の大合唱で30分強のZUNTATAステージは終わりを告げた。


また、29日は物販で秋葉原ナツゲーミュージアムが「ナツゲ屋 JGMF出張店」として出店。タイトー並びに中恵さん関連のアルバムを販売した。当日は先着50名に演奏メンバー6名全員によるサイン色紙が特典として付いたり、ZUNTATA-J.A.M.の迷作アルバム「スペース遣隋使」最終在庫が販売されるということで開演前から物販に列ができる状態となった。

会場ロビーでは2013年冬稼動予定の新作アーケードゲーム「グルーヴコースター」がプレイアブル出展された。SEGA Sound unit[H.]アレンジによる「Daddy mulk」を始め、ゲーム楽曲でプレイする人々で大盛況だった。


JAPAN GAME MUSIC FESTIVAL 2013 公式サイト

ZUNTATA 演奏曲リスト

曲名 ゲーム名 収録アルバム
Protocol Signal Generation グルーヴコースター GROOVE COASTER EXTENDED PLAY
Just no friend グルーヴコースター GROOVE COASTER EXTENDED PLAY
Tears & flow サイキックフォース2012 サイキックフォース2012 アーケードサウンドトラック
Daddy mulk ニンジャウォーリアーズ ニンジャウォーリアーズ オリジナルサウンドトラック
Play merrily グルーヴコースター GROOVE COASTER オリジナルサウンドトラック
Happy smiling♪ 私のハッピーマナーブック 私のハッピーマナーブック ハッピーミュージックコレクション
Good-bye my earth ダライアスバースト ダライアスバースト オリジナルサウンドトラック
電車で電車でGO!GO!GO! 電車でGO! 電車でGO! / SIDE by SIDE 2

演奏メンバー

小塩広和 (ZUNTATA) :Keyboard

  

Profile
タイトーサウンドチームZUNTATAのメンバーで作曲・編曲・サウンドエディター・プログラマーなど幅広い顔を持つ。 代表作はグルーヴコースターシリーズ(iPhone/iPad)、スペースインベーダーインフィニティジーンシリーズ(iPhone/iPad/XBOX360/PS3)など。最新作のグルーヴコースター(アーケード版)は2013年冬稼働開始予定。

土屋昇平 (ZUNTATA) :Bass

  

Profile
タイトーサウンドチームZUNTATAのコンポーザー。ダライアスバーストシリーズ(PSP、アーケード、スマートフォン)や、ギャングコネクション(洋題:CRIME CONNECTION)(iPhone/iPad)、グルーヴコースター(iPhone/iPad)などのサウンド制作に携わる。

石川勝久 (ZUNTATA) :Keyboard、Vocal

  

Profile
タイトーサウンドチームZUNTATAの効果音クリエイターとして20年以上に渡り、数々のゲームに携わる。また、ZUNTATAのスポークスマンとして各種オンラインメディア(WEB、Twitter、Facebook)の"中の人"としても活躍中。

中恵光城 :Vocal

  

Profile
主にボーカリストとして活動し、作詞、企画プロデュース、声優等も行い、同人サークル「ABSOLUTE CASTAWAY」において、シングル4枚、アルバム6枚をリリース。和風ファンタジーを中心に企画・プロデュースする。
PS3ソフト「魔界戦記ディスガイア4 フーカ&デスコ編」や、PCソフト「夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-」を始め、商業から同人まで幅広く歌唱提供を続けるほか、自ら積極的にCDをプロデュース。その他、Re:sonareでのバンド活動、ライヴへの出演、声優、歌詞執筆など、表現活動を続けている。
2013年4月よりマウスプロモーションに所属し活動を更に活発化させている。

とらぞう (TAITO) :Drums

Profile
2005年 ブラジル音楽をベースに、都内のライブレストラン等で演奏活動開始。
2007年7月7日 BETTA FLASH初ワンマンライブのサポートドラマーとして参加。
2010年 親子を対象にした「リズムあそび」のプログラム開発に着手。
2012年 子育て支援施設等で「リズムあそび」のボランティア活動を開始、現在に至る。
株式会社タイトー勤務。

高橋誠仁 (TTBOY ティーティーボーイ) :Guitar

Profile
感ジャギ(関ジャニではない。感覚派ジャズギタリスト)と自らを称しジャズとロックを平等にこよなく愛する、数少ない日本人。
「ジャズとロックの違いは、集中力のベクトルの違いだけだ」を持論に理論にとらわれずに感覚でインプロヴァイズし、ジャズのフレーズをロックフィールで弾き倒す、そのプレイスタイルには定評がある。
1994、1997、1998年のZUNTATAライブにおいてギタリストとして参加。今回15年振りのZUNTATAとの共演となる。

リハーサル スナップ写真

ゲネプロ@三鷹パルナスタジオ

ゲネプロとは本番同様に行われるリハーサルのことです

JGMF2013ステージ全体像

本番前の最後のリハーサル!

メイク中!

メイクがつくライブなんて超久しぶり!!(笑)

本番直前に演奏メンバー全員で

ステージ終了後は取材などもありました

Japan Game Music Festival 2013 開催概要

開催概要

  • 2013年6月29日(土) OPEN/15:00 START/16:00 ※ZUNTATA出演は6/29のみ
  • 2013年6月30日(日) OPEN/14:00 START/15:00
  • 会場:Zepp Tokyo(外部リンク)

    出演アーティスト[ 6/29 (土) ]:Crush40/Falcom jdk BAND/川村ゆみ × Lotus Juice/Mitsuto Suzuki(SQUARE ENIX) × Sugimoto Tomoyuki(VJ)/TEKARU/The Musicolors/ZUNTATA 

    出演アーティスト[ 6/30 (日) ]:Crush40/SEGA Sound Unit [H.]/LivestRow Basiscape Band/川村ゆみ × Lotus Juice/Nanaa Mihgo's(SQUARE ENIX)/The Death March(SQUARE ENIX)/The Musicolors 

  • 主催:(株)キャラアニ
  • 制作:(株)KAIROS
  • ※本イベントについてのお問い合わせは(株)キャラアニへお願いいたします。